温泉ガイド

憧れの星野リゾートで青森流のおもてなしを満喫してはいかが?

投稿日:2018年3月7日 更新日:

憧れの星野リゾートに泊まりながら、青森県を巡ってみませんか?
青森県には青森屋、奥入瀬渓流ホテル、界津軽といった3つの星野リゾート施設があります。

星野リゾートといえば、「地域の特色を生かしたサービス」がなんといっても魅力の大人気宿泊施設です。星野リゾートに泊まるだけで、青森の魅力を存分に堪能することができます。
そこで今回は、青森の星野リゾート特集をお届けします。

青森文化のテーマパーク「星野リゾート 青森屋」

1件目の星野リゾートは、三沢市にある「星野リゾート 青森屋」です。八戸駅からバスで30分、東京駅から3時間ほどの立地です。星野リゾート青森屋は、まるでテーマパークのようだと比喩されることも。青森文化のテーマパークという事もあり、イベントが目白押しの星野リゾートです!

名称 星野リゾート 青森屋(あおもりや)
写真  
写真引用元  じゃらん
住所 青森県三沢市字古間木山56番地
電話番号 0176-51-1111
地図  
アクセス1(自動車) 第二みちのく有料道路 下田百石から降りて10分。
アクセス2(公共機関) JR八戸駅から無料シャトルバスで45分。
営業時間 チェックイン15時、チェックアウト12時まで。
定休日 なし

ショーレストラン「みちのく祭りや」

星野リゾート 青森屋には、ショーレストラン「みちのく祭りや」があります。こちらのレストランでは、青森ねぶた、八戸三社大祭、五所川原立佞武多、弘前ねぷたの4つのお囃子とそれぞれの山車が設置してあります。

まるでお祭りに来たかのような高揚感に駆り立てられます。ショー後半ではお囃子と共に跳人になる事もできて見るだけでなく参加して楽しむこともできます。

参加して楽しむじゃわめぐショー

本館1階のじゃわめぐ広場で開催される「じゃわめぐショー」は、宿泊利用のお客様以外でも参加できる無料アクティビティです。

※「じゃわめぐ」とは、青森の方便で「いてもたってもいられない様」を表現する言葉です。中でも津軽三味線の演奏はオススメです。圧巻の躍動感があり、気分が高まるのでお酒を飲みながらショーを観ると楽しいです。

東京ドーム22個分の広大な敷地

ホテルには東京ドーム22個分の公園が隣接しており、公園内は馬車が運行したり、宿泊者限定でお酒が飲めるラウンジがあり、牧場があり、飽きることなくゆっくりと過ごすことが出来ます。写真は日本初のストーブ馬車。

※ラウンジは1500円の入場料が必要

一度は入ってみたい温泉5選の「浮湯」

一度は入ってみたい温泉5選に選ばれた「浮湯」です。池の中にある露天風呂に入り、四季おりおりの色彩を感じながらゆったりとおくろぎください。

まるで池の中にいるような、不思議な感覚になります。景観がきれいすぎて広すぎる、なかなかお目にかかれない露天風呂です。

冬季限定「ねぶり流し灯篭」

冬の時期は「ねぶり流し灯篭」というイベントを開催しており、池に浮かぶ露天風呂の先には大きなねぶたの山車と笛の演奏が行われます。

季節ごとのイベントが満載!

星野リゾート 青森屋では、季節ごとの魅力も充実しています。星野リゾート 青森屋は、青森の文化をたくさん味わいたい方には特におすすめの宿泊施設です。

春の季節であれば「たんげ花見祭り」というイベントが開催されます。冬であれば「ほろ酔い花見馬車」というイベントがあり、ストーブが設置された馬車の中から花見を楽しめます。デートにぴったりのおススメのアクティビティです。

じゃらんで予約する

大自然の中のクラッシックホテル「奥入瀬渓流ホテル」

青森の星野リゾート2件目は、十和田市にある星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルです。八戸駅からは1時間、青森屋からは40分ほどの立地にあります。奥入瀬渓流にホテルが隣接しているので、お部屋やテラスから奥入瀬渓流の清流と自然を楽しむことが出来ます。

川のせせらぎを感じつつ、リラックスすることができますのでとても落ち着く雰囲気です。こちらの星野リゾート 奥入瀬渓流は、自然豊かな立地条件が魅力の星野リゾートです。

名称 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
写真  
画像引用元 じゃらん
住所 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
電話番号 0176-51-1117
地図  
アクセス1(自動車) 第二みちのく有料道路 下田百石から降りて40分。
アクセス2(公共機関) 送迎バスご案内MAP(PDF)
営業時間 チェックイン15時、チェックアウト12時まで。
定休日 なし

マイナスイオンを感じつつ奥入瀬渓流の散策

宿泊者のほとんどが渓流散策に参加していて、迎えのバス停も多いので、ペースや体力に合わせ散策コースを決めることができます。

渓流は適度の湿度と風通しがあることから苔の宝庫で、ホテルで苔ルーペの貸し出しを行っており、ミクロの世界ですが可憐に咲かせるお花、苔に覆われた渓流美はまさにフォトジェニックです。

青森りんごのスィーツが魅力

星野リゾート 奥入瀬渓流ではスィーツがおススメです。

青森産りんごをふんだんに使ったりんごパイ

「りんごキッチン」というビュッフェでは、青森の「りんご」をふんだんに使ったメニューとなっています。特に目の前で仕上げる出来立ての「あつあつのりんごパイ(夕食)」や「りんごソースのパンケーキ(朝食)」は特におすすめです。

ぜいたくスィーツ「幸福林檎のミルフィーユ」

 

岡本太郎がデザインした大きな鐘が特徴のラウンジ「森の神話」では、「幸福林檎のミルフィーユ」というデザートがおススメで、スライスした林檎にスポンジとクリームを挟んでいるのですが、バニラの香りとりんごの酸味が絶品です。

奥入瀬渓流を眺める絶景露天風呂

星野リゾート 奥入瀬渓流の露天風呂は、大自然をダイナミックに感じることができます。

冬季限定「氷瀑の湯」

冬季限定の露天風呂「氷瀑の湯」は、迫力満点です!

じゃらんで予約する

独特の津軽文化を色濃く感じる「界 津軽」

青森の星野リゾート3件目は青森県南津軽郡にある「界津軽」の紹介です。界津軽は青森屋と奥入瀬渓流ホテルと比べて規模が小さいので、温泉、食事を楽しみ、静かにゆっくり過ごしたいという方向けの旅館です。界津軽のオススメは「温泉」と「食事」です。

名称 星野リゾート 界津軽
写真  
画像引用元 じゃらん
住所 青森県南津軽郡大鰐町大鰐上牡丹森36-1
電話番号 0570-073-011
地図  
アクセス1(自動車) 東北自動車道 大鰐ICより15分
アクセス2(公共機関) JR大鰐駅より徒歩10分
営業時間 チェックイン15時、チェックアウト12時まで。
定休日 なし

樹齢2000年超えの古代ヒノキのお風呂

界津軽の温泉は樹齢2000年を超える古代ヒノキを使った湯船です。浴場に入るとヒノキの癒される木の香りに包まれます。

トロッとスベスベな泉質で美容効果アリ!

星野リゾート界津軽の温泉は、アルカリ性単純泉ならではのトロッとした泉質で、保温性に優れるので冷え性や乾燥肌のお持ちの女性には特におすすめです。また季節湯として林檎やヒバが浮かび、リラックス効果を引き立てます。

こぎん刺しでデザインされた部屋づくり

星野リゾート 界津軽では、津軽の伝統工芸であるこぎん刺しのデザインをあしらったお部屋が特徴的です。

大間産マグロをぜいたくに使った極上懐石!

食事は「大間のマグロ」をふんだんに使った「大間のマグロづくし懐石」がお勧めです。大間のマグロは、津軽海峡の早い潮流で磨かれた締まりのある赤身と、本州最北端と北海道をまたぐ津軽海峡の寒さを耐えるために蓄えられた脂がたっぷりのったトロが特徴的ですが、大間のマグロを懐石膳で召し上がることができます。

台の物の「大間マグロのねぎま鍋」は特に絶品で、ネギと出汁を鍋で炊き、さっとマグロを湯通して食べるのですが、余計な脂肪分を落とし、ねぎの甘さを絡めて食べるのは絶品の極みです。

じゃらんで予約する

星野リゾートで青森を満喫しよう!

青森の星野リゾート「青森屋」、「奥入瀬渓流ホテル」、「界津軽」のそれぞれの魅力をお伝えしましたが、ちょっと行ってみたくなりましたよね?

ご紹介した星野リゾートの魅力はほんのちょっぴりでしたが、星野リゾートに宿泊するだけで、青森の魅力をたっぷり味わうことができます。ぜひお越しください。

じゃらんで予約する

写真引用元:星野リゾート公式HPじゃらん

-温泉ガイド

Translate »

Copyright© 青森県ニュースアンテナ , 2018 AllRights Reserved.